データ番号A0960402-1030
作品名称名古屋市瑞穂区役所
建物用途庁舎
建物所在愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通3−32
掲載誌近代建築
掲載年月1996年4月 53/58
設計者名古屋市建築局,久米設計
施工者五洋建設,東海興業,麦島建設
発注者名古屋市
竣工年月199512
着工年月199310
工事費4972百万円
平米単価48万円
構造SRC,地下:RC
地上階数5 階
地下階数2 階
能力58台(駐車場),400人(講堂収容人数)
敷地面積3283 平方メートル
建築面積2327 平方メートル
延床面積10262 平方メートル
外装大型タイル,45二丁掛タイル,御影石,屋根=アスファルト防水コンクリート押え,建具=三次電解アルミカーテンウォール
特徴シンボリックなデザイン・わかりやすさ・アメニティの創出を三本柱とした計画,低層部に窓口機能を集め吹抜を介し一体感,休日利用可の講堂,
備考1特徴=地下鉄駅と地下道で直結,バリアフリーの身障者対応,防災拠点として高い耐久性・耐震性確保と非常用発電機の設置,地域地区=住居地域,近隣商業地域,準防火地域