kitera
建築作品データベース

建築作品データベース概要

建築作品データベースは、建築作品を紹介している有力な建築雑誌のバックナンバーを検索する目的で作成されております。

雑誌に紹介された建物の紹介記事のうち、建物に関する事実のみを取り出してデータベースとしたものです。現在の採録データリストは、下表のようになります。データ採録件数は、2万件強となっております。

採録雑誌名 採録期間
新建築 (1975-2012) 
建築文化 (1975-2000)
近代建築 (1980-2012)
日経アーキテクチュア (1980-2012)
住宅建築  (1980-2012)
新建築(住宅特集) (1985-2012)

 

<データ項目>

データ項目は、下記となっております。採録されなかった項目は表示されせん。

作品名称
用途
所在地
発注者
設計者
施工者
構造
地下階数
地上階数
塔屋階数
高さ(m)
敷地面積(m2)
建築面積(m2)
延床面積(m2)
工事費(百万円)
平米単価(万円)
着工年月
竣工年月(予定可)
工事期間(延月)
能力
外装
外装
平面形状
特徴
備考1,2

記事に記載された情報を真として採録しておりますが、同じ作品でも、採録雑誌や採録時期により、情報が違う場合があります。その場合、記載されたとおりに採録しております。

用途分類に関しては、別表の用途テーブルを基本に付与しておりますが、いわゆるシソーラスを形成しているわけではありません。

項目の中の能力は、数値で表されるもの 室数=600室 駐車場=120台といったおおまかな規模が想定できるものを採録しております。

外装は、なるべく詳しく採録しております。

紹介情報のうち、記事部分は採録しておりませんので、これを見たい場合は写真・図面を参照する場合と同様、雑誌バックナンバーをご覧ください。

<検索方法>

雑誌別リストおよび全文検索を利用して探すことができます。詳しくはここをクリック

<今後の採録予定>

対象雑誌のうち、建築文化を除いた5誌に関しては、3月末に、前年出版の情報をサポートする予定です。

<免責事項>

当データベース内容が事実と違う場合 あるいはデータベースが紹介された記事と違う場合においても、当社は一切の責を負わないものとします。また、当サービスは365日24時間のサービスを目標としておりますが、サーバやネットワークのトラブルよる一時的なサービス停止がおきた場合も当社に責はないものといたします。

<情報登録>

建築作品作家による建築作品の登録を検討しております。